Swiss Tackle

衝撃の戦いから一夜。

未だ敗戦のショックからは
立ち直れてはいないが、
あの夜の出来事を
振り返らずにはいられない。


そう・・・、
あの日
あの夜・・・。


。。。。。。。。



・・・
うおおぉぉぉー!


ドイツに行って
直接手を貸したいのはヤマヤマだが、
伊助には
日本の平和と自分の生活を
守らなければならない!


せめて24番目の日本代表として
気持ちと相手チームへ毒電波を送る為、
ヒーロー仲間と
いざ、決戦の地、歌舞伎町へ!


4年だ!

4年待ったのだ!

ワールド・カップよ!

ワタシは帰ってきた!!!



うおおぉぉぉぉ!少佐ぁ!!


しかし、まさかこの後
『カイザースラウテルンの悪夢』
現実になるとは・・・!

「ぬぅ、臥薪嘗胆の念、
無念・・・。」



そんな悲劇的な結果を目撃する2時間前、
伊助達はエネルギードリンク(ビールとも言う)を
飲みながら、
試合開始を待つ。

Kツローに至っては
試合開始前に
既にデキアガリ気味だ。


そして、あろうコトか
『ヨゴレンジャー』の一人、
『ヨゴイエロー』こと、Mサが
やっと来たと思ったら
フツーの服装で登場。


せめてナニか青いモノ身に付けてこいよー。


するとMサは
「ヤクルトのアウェー・ユニフォームって青なんだよ。
だから今日着て来ようと思ったの。」


Kツロー
「あ、イイじゃん、イイじゃん。」


よくない!


Mサ
「そう、そう、でしょ、でしょ!
青だから着てても全然わかんないよね!」



わかる!!


オマエ等は神宮球場でも行って
パブリック・ビューイングして来い。



ヤクルト戦の!!!



この緊急事態に、
野球好きのタワゴトなどに
付き合ってるヒマはないのだ!


・・・だが、
前半をリードして折り返し
少し安心したのか
つい全仏オープンテニスなど
全然関係ない話をしてたのも事実。

それが油断を生んだ、とでも
言うのだろうか・・・?

まさに地獄に突き落されるような
あの10分間。



し・か・し・だ!

我らがサムライ達は
まだ敗退したワケではないのだ!

一敗地にまみれて、
ここから開き直れ!

嘆いていてもナニも始まらないぞ!

勝たなきゃならないなら、
勝ってやろうじゃないか!

クロアチア、ブラジル
ドンと来いってんだ!

ときには現実を忘れるコトも
必要なのだ!


例えソレが一時の慰めであろうと・・・。




次回 第三話
“トーゴの設計事務所”

『踏ん張りどころ
意見の統合はできたのか?!』に

Hang together!!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック