Czech Off-side

我等がサムライ・ブルー、
惜しくも敗れる・・・!!


モーレツに悲しく悔しいが、
少なくとも最後のブラジル戦では、
『侍魂』を垣間見せてくれた。


そして次はこうはいかない!


青侍で負けたのなら、
次回はニンジャ・レッドで勝負だ!!
それともトノサマ・ホワイトか?!
(なんだかカエルみたいだ。)


それでもダメなときは、
ショーグン・グリーン
最後は奥の手
テンノー・パープル
これは簡単には負けられない。


もしくははセルジオ監督率いるダイカン・ブラック

呼び名はもちろん

ダイカン&エチゴヤ!


得意技は
試合前の相手チームと審判への買収。

そして政治家を使った
相手国政府への
ODA中止・関税強化等の
政治的圧力!

Come on ジャパンマネー!!!


「おぬしもナカナカ、ワルよのう」

「いえいえ、お代官様程では・・・。」




・・・・・・。



となると
なでしこ・ジャパンも
次の大会は
くノ一・ジャパンとか
町娘・ジャパンになるのか!?


町娘・ジャパンなら監督は
当然病弱でなくてはならない。


「いつもお前には苦労をかけるねぇ・・・。ゴホゴホッ」

「何言ってんだい、おとっつぁん。
それは言わない約束でしょ。」






・・・弱そうだ・・・。




イヤ、海外ウケを考えるなら、やはり

ゲイシャ・ジャパン

でキマリだろう。


だが、もっと現代的にイクのなら
やはりココは新たなトレンド

メイド・ジャパン

というのもアリ・・・・か?
(猫ミミ付き)


「お帰りなさいませ、ご主人様!」


サポーターの掛け声は「萌え~」だけ。

サポーターの愛称は『Aボーイズ』。

ペナルティ・エリアのことを『絶対領域』と呼び、
常に『おでん缶』を食べながら観戦。




・・・
多分海外メディア殺到だな・・・。




次回 第六話
“韓国の設計事務所”

『こりあタイヘンだ!
仕事が全然終わりません!!』に

Reality bite!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

kツロー
2006年06月28日 00:23
くだらねーー・・ けど、面白れーー!!って、なんか内P的な感じのブログになってきたね。俺は大好きっス! 俺のサムライブルーのユニフォームはすっかりパジャマ代わりダス。

この記事へのトラックバック