おふらんす

Bon jour
S'il vous plait!


7月は
ツール・ド・フランスの季節です。

今年もドーピング疑惑の付きまとう
自転車競技の祭典が始まりました。


ええ、いーんです。

ドーピングだろうが
クスリ浸けだろうが
夏はツールとビールなんです。

しかし今年は
益々有料チャンネルでの放送ばかり。

腹立たしくはありますが
背は腹に変えられません。

ツールを観るべく
またいつものお店へ。

店内に飾ってある
有名チームの
ユニフォームレプリカジャージを
強引に勝手に着込み
一心不乱に観戦です。

するとタマ~に外国人のお客さんが
ワタクシの(勝手に着ている)ジャージを
凝視しています。

普段は滅多に出会わないのですが、
結構いるんですね、フランス人。

「俺フランス人なんだけどさ、
オマエさんもツール好きなんだ?」

なんて言いながら
話しかけてくる人もチラホラ。

店内に飾ってあるジャージを
勝手に持って帰ろうとした
不届き者もいたそうです。

え?
ワタクシですか?

ワタクシは違いますよ!

ちょっと借りた
だけです。

ちゃんと返しました。

着たまま帰っちゃおうかと一瞬思ったのは
内緒です。


それに
お店がキャンペーンやっているくらいですから
店員がレプリカジャージ着てるのは当たり前だと思うんです。

でもフツーの客がジャージ着ながら熱心に観戦していたら
他の自転車好きのお客さん達だって
「また来て観ようかなぁ」
なんて考えると思うんですよね。

コレって絶対宣伝効果高いと思うんです。


うん、そうだ。

絶対そうにキマッてる。




ワタクシの無断拝借が
無事正当化されたところで、
少しお話ししたフランス人も
ドーピングに関しては嘆いておりました。

「現代スポーツは五輪競技も含め
商業主義とドーピングに毒され過ぎている。

五輪は既に’アマチュアスポーツの祭典‘
ではなくて
ドーピング見本市だ」

なんてコトを
おっしゃっておりました。


酔っ払い相手に
随分コムズカシイコトを言うと思い
仕事を尋ねると、

「仕事?学生だよ。
トーキョー・ユニバーシティー」



どわーっ!

来ました。

おふらんす留学東大生!

その後しばらく話していると
「ところでアンタトーキョー詳しい?」
と聞かれたので
「うん、まあまあ」
と答えると、
彼は本題を切り出してきました。

「トーキョーのナイススポットってドコ?
シンジュク、シブヤ、ロッポンギ?」


「ナイスって?
酒?ディスコ??出会い???」


「ぶっちゃけ’出会い‘」


あ~、なるほど、
そういうコトですか。

しかしよく話を聞いてみると
既に前日六本木には行ってきたそうなんです。

でも空振りだったそうです。

なるほど
で、今日は第二候補の新宿ですか。


正直、
フランス人東大生が
六本木で出会いがなければ
ドコ行っても絶対ムリだとは思いましたが、
そこは一応考えてみました。

で、結果、
鴬谷に住んでるというコトなんで
「巣鴨とかどう?」
と答えておきました。

翌日飲みに来てなかったので
もしかしたらホントに行っちゃったかも・・・。


あ、ちなみに、
彼は日本語が全く喋れず
頭はスキンヘッドで
後から見ると
銀杏みたいでした。

顔は元サッカーフランス代表ゴールキーパー
ビクトール・バルデス
そっくりでした。

バルデスの顔が分からない人は
『ちびまるちゃん』の永沢クンを
スキンヘッドにして思い浮かべて下さい。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

MARU
2007年07月19日 00:19
相変わらずビールをドーピングしているご様子で…

ちなみに、
ビクトール・バルテズはスペイン代表GK(現在はバロセロナFC)

フランス産のバルテズは正しくは、
ファビアン・アラン・バルテズ(Fabien Alain Barthez)

この記事へのトラックバック