ウンが悪かった

つい先日
ウェブのニュースにあった記事です。


。。。。。。。。



>31日午前6時10分ごろ、
>兵庫県尼崎市のJR宝塚線・塚口駅構内で、
>同駅発京田辺行き普通電車(7両編成)の運転室が
>便で汚れているのを運転士が見つけた。
>清掃したが悪臭が消えず、
>この車両の運転をとりやめた。

>JR西日本によると、
>同駅まで乗車していた車掌が
>「我慢しきれずもらした」
>と話しているという。
>上下4本が運休、
>約1700人に影響があった。


。。。。。。。。



う○こ漏らすって、これは・・・、


わかる!!!


苦しかったんだよね、
堪えられなかったんだよね。

人間どうしようもない時はあります。

簡単にはトイレに行けない状況での
あの切羽詰り感は
まるで悪夢のようです。

進むことも戻ることも許されず
これぞ正に
前門の虎、肛門の狼ですよ。

しかも「ヤバい」って思った途端
加速度的にヤバさ加減が増すんです。

腹の時限装置のスイッチが入ったあとは
もうまともな思考は働きません。

あの苦しみから逃れられるのなら
ナンだってします。


そんな状況であったにも関わらず、
ワタクシはむしろ彼(?)の
職務遂行への強い責任感に感服しております。

結果的には1700人に影響出ちゃってますが、
ま、それはアクマでも結果論。

この程度のウン休
彼の緊急事態に比べれば
大したことありません。

そう、それにこれは事件ではなく事故です。

脱線事故とかそういったものに極めて近い
不ウンな出来事です。

云わば

脱糞事故

とでも申しましょうか・・・。


彼は人生で五本の指に入る
ケツ断を迫られたんです。

そして
プロとして職務を全うしようと、
社会人として自分の仕事を完遂しようと
ケツ意したのです。

イタシテしまった彼の背中には
きっと仕事に生きるオトコの異臭・・・・、
じゃなくて哀愁が漂っていたに違いありません。


通勤通学に電車を使っていれば
車内で人生最大のピンチを迎えた経験が
誰にでも一度や二度はあるハズです。

特に事故等で車内に閉じ込められた時には
非常用コックで扉を開けて
外に飛び出して行きたい衝動に駆られます。

そう、これは他人事ではないのです。

言っておきますが
決してワタクシが今後粗相してしまった時の為の
予防線ではありません。


今のワタクシはただただ
この車掌さんの今後に
前途あることを祈るばかりでございます。




最後になりましたが
冒頭の「わかる」発言は
決してワタクシがう○こを漏らしたコトがある、
という意味ではございません。

今のところ毎回すべりこみセーフです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック