ノジュキング

なんだかスッゴク心惹かれるウェブサイトを
見付けてしまいました。


その名も『野宿野郎』

    ↓↓↓

http://nojukuyaro.net/


ワタクシの場合は野宿じゃなくて
単に終電で寝過ごした挙句、
真夜中の東京郊外を
酔っ払って彷徨っているだけなんですが、
このサイトにも似たようなこと書いてありました。


やっぱりみんなやってるんですねー。


最近じゃ
マンガ喫茶だのインターネットカフェだの
便利で安い施設がありますが、
そんなもんは昔はありませんでした。

いえ、
今だって「やっちまった!」って時に限って
タクれるお金も持ってなくて
しかもネットカフェや
24時間のファミレスがないような場所に
気が付くといるんです。

普段だと
あれだけ色んな所にあるのに
終電ミスったときに限ってなんで見付からないんでしょう?

それにワタクシの場合
そういうときってサイフなくしたうえに真冬だったりして
極限状態の時が多いんですよね。

まぁ、サイフなくす程酔っ払ってるから
電車乗り過ごすんでしょうけど・・・。


このサイト主さんは
どうやら女性らしいんですが、
同じような状況で

駐車場の端っこで新聞紙にくるまって寝た

そうです。



ま、ワタクシもね、
野宿っていうか、
野営に関してはちょっとは自身あるんですよ。

なんせ元ボーイスカウトですから。

そりゃもう大分忘れちゃいましたが、
それでもそれなりには覚えています。


でもワタクシの経験と知識は山野でのもので
東京砂漠でのサバイバルは
色んな意味で別モノなんですよね。

ホントに毎日野宿だったら、
それは単なるホームレスですし・・・。

程よく適度に
アウトドア生活をエンジョイし、
日々のコンクリートジャングルでの生活の
メリハリ・・・、というか
まぁ、大抵の場合酔っ払ったあとの失敗というか・・・。


といっても素面での
都会野宿が未経験なワケではございません。

もう若かりし頃にキッチリ経験済みです。

ワタクシも立派な(かどうか知りませんが)

ノジュカーです。

イタリア語風に言うならノジュキスタです。


ところで、
このサイトにも書いてあるのですが
野宿はハッキリ言って危険です。

特に都会の公園。

最近は物騒な事件が
しょっちゅう起きています。

それと公園などの野宿しやすい場所は
当然その道のプロというか、
先住のホームレスの方々がいます。

あの方達はご自分達のことを
『フウテン』と呼んでいますが、
ま、呼称なんてどうでもいいです。

そんでもって
あの人達なりのルールというか、
その場所の『番』を張っている人に
挨拶しないといけないらしいんです。

「そもそも公共の場所で
勝手にナワバリ主張されても・・・」

という若干の疑問はありますが、
それさえクリアーしていれば
基本的にみなさんイイ人でした。

公園のベンチでグースカ寝ていたら
夜中に起こされて、
起きたら回り囲まれていた時は心底アセリました。

ちなみにそれは高校生の夏に
自転車で新潟に行くという
一人ツール・ド・フランスをやっているときでした。


でも今はもう
あんなのんびりした状況じゃないんでしょうね。


我が家の近くの井の頭公園にも
昔は夏になるとたくさんノジュカーがいました。

遅い時間にわんこの散歩に行って近くを通ると、
わんこが怪しがって
「ウ~、ウ~」唸って仕方ありませんでした。


全国の野宿野郎のみなさん、
暖かくなる今からがトップシーズンですが、
どうか梅雨時期の雨と川の増水には気を付けて。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック