泳げ!台無しくん

プールあがりのガリガリ君うまっ!


ってことで
先月から市営プールに行き始めました。

特に初日は
かな~り久しぶりだったんですが、
延々と25mコースを
一時間ばかり泳いできました。


いやー、バテました。


プールから上がったら
カラダがダルくて
歩くのすら苦痛でした。

多分1000mくらい
泳いだと思いますが、
途中からは半ば溺れているのと
さして変わらないような状態になっていたのは
間違いありません。


クロールはキツイ。


これを海でしかも1500mとか
もう気が遠くなりそうです。


1000mで1時間なら
1500mは1時間半?



いやいや、
多分最後は溺れて終了。

波がなく
25mごとに小休止が入るプールですら
完全にグロッキーでした。

トライアスロンでは
最初の競技はスイムなんですが、
その理由は
もし最後の種目にしたら
溺れる選手が続出するからだそうです。

確かに最終競技ランで脚を吊っても
転ぶだけで済みますからね。


遠泳の疲労は
長距離走の疲労とは
また次元が違います。

カラダの隅々まで疲れるってカンジ。

長距離走ったあとに
腕が上がらないとか
歩けないなんてことはないんですが、
長く泳いだあとは
プールから上がるのもキビしかった。

両腕の上腕筋なんて
プールから出た瞬間から筋肉痛ですし。

指まで握力がなくなっていました。

今シーズンはなるべくプールにも通って
長い距離を泳ぎたいんですが、
もう既に挫折しそうです。

走ったあとの疲れは
しばらくすると抜けるんですが
泳いだあとの疲れは
いつまでもカラダ全体が気ダルく残ります。

もう腕なんかプルプルして
箸より重い物は持てそうにありませんでした。

脚も大腿筋の内側など
走るのとはまた違った箇所がピクピク。

でも関節は痛くならないんですよね。

膝や股関節が痛くならないのは
ちょっと安心です。


しかし
水泳は全身の筋肉をくまなく酷使しますな。

水泳やっている(いた)女性が
逞しいのには納得です。


でも大変なだけじゃありませんでした。

夜8時過ぎの市営プールなんて
サラリーマンが黙々と泳いでるだけなんですが、
そんな中なんだか
場違い且つ素敵な女性発見。


ビ・キ・ニ・イィィィ!


あざーっす!

こんな所で
こんないいモン見られるとは思いませんでした。

お約束のハプニングや
ポロリは期待していいんですか?

あ、ないんですか。

飛び込み禁止だからムリ?

あ、そーですか。

しかももう泳がない、と?

あ、もう上がっちゃうんですか。


次回からは
もう少し早い時間に来ます。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック