RAKIってナニ?

先日ウチの母親が
トルコ旅行から帰ってまいりました。

どこへ行って
どんなモノを見てきたのかは知りませんが、
今回はあまりトルコかぶれにならずに帰ってきたので
良かったです。

前にイタリアに行ったあとなど
やれミラノ風だの
やれローマ風だの
トスカーナ流はどうだと
しばらく面倒臭くて仕方ありませんでした。


で、
お土産でRAKI(ラク)というトルコのお酒を
二本買ってきたんです。

なんでもトルコの人は
これを水割りでガバガバ飲んでいるんだそうな。

でもイスラム教国なのに・・・。

とも思ったんですが、
トルコは政教分離がしっかりしていて
イスラム教徒であろうと
飲む人は飲むんだそうです。

それにラクの別名は
「ライオンのミルク」だそうで
イスラム教でもミルクならもOKという
ゴーインなこじつけ、
日本風に言うなら「解釈」なんでしょうかね。

なんだか昔の日本の
獣肉を食べることを禁止され、
それを逃れる為にウサギを鳥だと言い張って
一羽、二羽と数えるようになったのと
似ているような気がしますね。


閑話休題


で、ボトルを見る限り
色は透明で
アルコール度数は45度と書いてありますから
ウォッカのような印象です。

そして早速飲んでみようと思ったんですが、
微妙にボトルがアルコール臭いんです。

どうやらボトルキャップから
少ししみ出ているよう。

むしろ消毒効果で丁度イイ
とゴーインに納得し、
キャップを開けます。

しかし中蓋があり
しかもコレの開け方がわからない。

どうやら
本当は開いているハズの
中蓋の穴が塞がっているよう。

このあたりは
トルコのおおらかさを感じずにはいられません。


仕方ないので
千枚通しでゴーインに
中蓋に穴を開けてグラスに注ぎます。

香りはちょっと甘いカンジ。

まずはストレートで味見。

流石にキツく、
独特の甘い香りと後味が
口内に広がります。

次に水割りにすると
白く濁って
ちょうどカルピスのようです。

やっとじっくり味わってみると
アブサンに似たカンジの味と香りです。

調べてみると
両方ともアニスという芹科の植物が
原料に使われているようです。

これがあの独特で
クセの強い香りの元なんですね。

ラクにはそれと
葡萄のエキスも使われているそうです。

残りの一本は知り合いのアイリッシュ・バー
無理やり差し上げてきました。



ところでウチの母親は
海外旅行先のハードロックカフェのTシャツ
集めるのが趣味なのですが、
今回は買って来ませんでした。

母曰く
「スッゴク忙しかったのと
タクシーでウロウロするのはちょっと怖かった」

んだそうです。

怖い物知らずのウチの母ですが、
少しは雰囲気と空気を読んだようです。


これまたあとで調べたら
イスタンブールには
ハードロックカフェはないそうです。

だから探さなくて正解だったみたいです。


でも似たカンジ

カフェとTシャツはたくさんあるそうです。



で、ウチの母は
トルコから帰ってきてその後すぐ旅立ち
昨日韓国から帰ってきたんですが、

ハードロックソウルのTシャツ

バッチリ買ってきてました。





P.S.しまった!

今月の更新が一回、
しかも最終日だけになってしまった・・・。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック