カタラン

ってのは
カタルーニャ人、
もしくは
カタルーニャ語って意味です。


で、カタルーニャ州の
州都がバルセロナ。

ですから多くの場合
「カタラン」とは
「FCバルセロナ」(通称バルサ)ファンを差します。


そして、
そんなカタランの二人組と
新宿のいつもの店で遭遇しました。

スペイン人と出遭うなんて
結構珍しいです。


その日はサッカー
UEFAチャンピオンズリーグの
今朝やった試合の
録画放送を観ておりました。

対戦カードは
バイエルン(ドイツ)vsマンU(イングランド)。

すると件のカタラン二人組が
「バルサの試合はやんないの?」
と尋ねてきます。

バルセロナ対アーセナルの試合は翌朝ですから
当然今日は放送出来ませんし、
録画放送自体も試合当日ではなく
更に一日あとの夜の放送です。

そう答えると彼らは
「そうなんだぁ・・・」
とガッカリしておりました。


その後、
日西のサッカー事情を話したり、
W杯の本命予想をしたり
(彼等は当然スペイン!)
来週訪れるという
京都の話などをしていました。


その後彼等は身を乗り出して
「ところでさぁ・・・」
と切り出してきます。

外国人の
特に旅行者が
こういう風に話し始めたときは
大抵出会いの話題です。

するとやはり彼等は
「トーキョーのナイスなナイトスポットってドコ?」
と聞いてきます。


やっぱり!


この手の質問をしてくるガイジンさんは
大抵アメリカ人以外が多いです。

それと
彼等はみんな来日する前に
キッチリ予習をしてくるらしく、

六本木には既に行っている

ことがほとんどです。

そして平日の夜に六本木に行って空振って
第二候補の歌舞伎町にくるパターンが定番です。


旅行者ですから日本語はロクに出来ませんし、
ワタクシもそういう情報を
あまりよく知っているワケではありませんので、
結局のところ
「週末に改めて六本木に行け」
ということになります。


歌舞伎町はむしろ
サラリーマンの町ですからねぇ・・・。

平日の夜なんて
大抵終電でみんな帰っちゃいますから。


そんなワケで
平日の夜はなかなか難しい旨を伝えると
「そうなんだぁ・・・」
と残念そうに自分達のの宿に帰っていきました。


あれから果たして彼等は
ちゃんと出会いもあり、
京都・奈良も楽しめ、
更には今週のバルサ対レアル(クラシコ)は
観られたんでしょうか?


今は彼等の幸運を祈るばかりです。

アディオス!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック