いっそ見なきゃよかったかも・・・

先日のUEFAチャンピオンスリーグ決勝を
大変楽しく観戦したあと
今日の日韓戦を観ると
キビシイ現実を突きつけられます。


とても世界で通用するレベルじゃない・・・。


確かに
UCLは肩入れしているチームの戦いではなかったので
純粋にサッカーを楽しめたというのはあります。

しかも最高の技術を持った選手同士の戦いですから
サッカー好きにとって
面白くないわけがありません。

日本サッカーをそれと比べるのが
どだい無理な話だってのは
重々承知しています。


でもそれにしたって
今日の試合は酷すぎます。


まず
ボールを前には運ぼうとする意識が低すぎます。

慎重に、安全に
という選択肢は分かるんですが、
ボールを持っていない選手まで
まるで受ける気がない。

動かない選手にパスは出し難いので
結局バックパス。

そこにプレッシャーをかけられると
慌てるものだから
ミスパスして
相手にとられてピンチに。


バックパスが必ずしも“安全な”パスではなく
時にはスルーパスをカットされるほうが
よっぽどキズが浅い場面も多いというのに・・・。



それから選手の運動量。

何も運動量と言っても
ただガムシャラに走り続けろなんて
ことではありません。

サッカーはストップ&ゴーです。

場面によって
走るか歩くか止まるか
ペース配分も重要です。

「ここで攻める」
という場面での日本選手の
チンタラっぷりは
リードしているチームならアリですが、
追いかけているチームのそれではありませんでした。

いつからこんなに
“走りの質”が低くなってしまったんでしょう?


0-1で負けるも0-2で負けるも
同じことなのに
なぜ安全策をとりたがるのか、
(結局0-2にされましたが)
何を小さくなっているんだか・・・。



そして意識の低さ。

消極的なパスや
無駄な動きを回避しようとするプレーは
結局勝負どころで
相手に『競り負ける』という形で
随所に出てきます。

一歩遅くなるんですよね。

『獲れるかどうかわからない場面』というのは
獲れなかったら無駄になるし
リスクを招くという意味で、
獲れなかったその後を考えてしまうんでしょう。

でもそれは競り合う選手ではなく
周りに選手がフォローすることなんです。

しかしながら
ルーズボールになってから
慌てて走り出したって遅いんです。

ボールの行方を想像し察知出来るような
集中力と執着心が圧倒的に欠けています。

気合だけでスポーツは出来ませんが、
同じ技量、同じ体力なら
最後にモノをいうのは
鉄の意志と不屈の根性です。


日本はどこかに
精神力を置いてきてしまったんだろうか・・・。



もう本番まで何日もありませんが
W杯本戦では
例え負けても
サムライ魂を感じさせるような
戦いっぷりを期待しています。


画像






魂見せてよ、

サムライブルー!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック