勝ち抜け!!!

見たか!

欧米メディア!!



昨日のブログに書いたように
ほとんどがデンマークの勝ち、
よくてせいぜい引き分けと評していた
欧州メディアは
謙虚に反省すべきです。

彼等の言う
『違いの作れる個』とやらは
組織的で勤勉な“だけ”の日本の前に屈しました。

日本だけでなく
サッカー小国と呼ばれる国の健闘は
特筆モノです。

そしてその波は
前回W杯の優勝、準優勝国ですら
回避出来るものではありませんでした。


どうだ!!


それから「攻撃的サッカー~ウンヌン~」
ボンクラニワカスポーツライターのみなさん、

とっとと廃業して下さい。

日本は特に攻撃的でも
極端に守備的でもありませんでしたが
3点獲りましたよ。


もっともいつも
あんなに上手くいくとは限らないんですが・・・。

それがサッカーの面白さでもあるワケで。


ですが日本国内外の
スポーツメディアで
今回の予想が外れた方々は
最低でもW杯期間中は黙っているべきです。

少なくともそれでメシを食っている人間が
シロート並の見解しか言えず
しかも大幅に結果と違ったんですから。


欧州サッカー関係者、メディアも
考えるべきです。

圧倒的技術力を持つ欧州チームと
抜群の身体能力を誇るはずのアフリカ勢が
さっぱり振るわなかった事実。

そして
個人技とチームへの忠誠心溢れる中南米勢と
組織力と自己犠牲のアジア勢
それにチームとしての完成度を高めた
サッカー小国と言われる国々の奮闘。

今まで
W杯練習生扱いだった
我々日本の“組織力”とはなんなのか。

上から目線で
「日本と韓国には驚いた」
などとノンキなこと言っているから
前回優勝・準優勝国が予選落ちするのです。



今日のワタクシはちょっと攻撃的です。



なぜなら
今までワタクシはことあるごとに
「日本の技術力は著しく劣っているワケではない」
と繰り返し主張してきたのです。

しかしながら
不甲斐無い敗戦の度に
やれ
『ブックメーカーのオッズが北朝鮮に次いで下から2番目』だの
やれ
『日本代表はプレミアリーグで戦ったら21位(最下位)になる』だのと
散々言われ
忸怩たる思いをしてきたのです。

それでもワタクシは
「今のやり方はあってないかもしれないが
日本代表はそれほど悪いサッカーはしてない!」

と反論してきました。

しかしそれも
今日で報われました!


さて、
過去の繰り言もこれくらいにして
我々はこれから未来を作らなければなりません。

相手は絶好調南米勢のパラグアイ。

またしても
マスコミの方々は
「パラグアイなら勝てる」
というような無責任なことを言っているようですが、
そんな簡単なわけ当然ありません。

彼等にはそれほど有名選手は多くいませんが
全員が当然のように高い個人技を持っています。

そしてそれを高いレベルで
集団にマッチさせています。

しかしながら
少しムラっ気も多いですから
その辺を我慢強くつついていくと
勝機が見えてくるかも知れません。

それに我等がサムライ・ブルーも
むやみに臆する必要はありません。

パラグアイだって
この予選の日本の戦いぶりは知っており
むしろ彼等の方が
必要以上の警戒をしてくる可能性が高いです。


組織力・勤勉さ・自己犠牲・
そしてとっておきの飛び道具、フリーキック。


これが日本の武器です。

世界と戦える武器なのです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック