明日はどっちだ

いよいよ今日から
W杯のグループリーグの
勝ち抜けが順次決まります。


まずはAグループ。

今大会NO、1問題児集団フランスと
史上初の“開催国グループリーグ敗退”の瀬戸際の南ア、
組織的で高地順応の高いメキシコ、
そしてワタクシイチ押しのウルグアイ。

フランスと南アは
既に自力突破が無理ですし、
メキシコとウルグアイは
引き分けで両チーム勝ち抜けでハッピーですから、
無理をする必要がございません。

もちろん
1位抜けか2位抜けかで
決勝トーナメントの対戦相手が違いますから、
“勝ちにいく”意味はあるのですが、
それをやると逆に大ヤケドの危険性も・・・。

同じスペイン語圏で
中南米の国同士、
“ボールを蹴りながら90分間時間を潰す”
というのが有り得る展開でしょうか。


そして日本時間夜中にやるBグループ。

決勝トーナメントでは
Aグループの勝ち抜けチームと当たります。

1位抜けは既に
ほぼアルゼンチンで決まっています。

問題は2位抜け。

ギリシャは勝ち点3持っていますが
最終戦はアルゼンチン戦です。

得失点差は-1ですが、
エンジンのかかってきたアルゼンチンに勝つのは
かなりタイヘンです。

・・・っていうか無理。

リラックスムードのアルゼンチンが
引き分けでヨシとしてくれれば或いは・・・。


そこで韓国対ナイジェリアです。

韓国は勝ち点3の得失点差-1、
ナイジェリアは勝ち点0の得失点差-2です。

ナイジェリアは絶望的に見えますが、
実際には韓国に勝ちさえすれば
一発逆転で決勝進出です。

前提条件として
ギリシャが負けなければなりませんが、
ナイジェリアとしては
アルゼンチンを信じてベストを尽くすしかありません。


Aグループの
ある種のほほんとした空気と対照的に
Bグループ(アルゼンチン以外)は
かなりのピリピリムード。


今夜からが
本当の死闘の始まりです。

日本とデンマークの決戦まで
あと2日。


明日はイングランドのCグループと
ドイツのDグループの運命が決まります。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック