箱根駅伝

今年も箱根駅伝堪能しました!

毎年毎年
あのドラマ性はスゴイですね。

ホント
感動しました。


しっかし
今年は特に思ったんですが、
箱根は過酷過ぎやしませんか?

どんな大会も大変でしょうし、
努力に努力を重ねているのでしょうが、
それにしたって
今年の箱根は厳し過ぎます。

2日間で11時間かけて
10人で210km以上タスキを繋いできた結果
21秒差の決着って・・・。


それでも優勝争いは
まだマシかもしれません。


翌年のシード権争いなんて
2秒差ですよ。

4人がダンゴでゴールに飛び込んできて
そのうち一人(一校)が
タッチの差でシード落ちなんて
やりきれないシーンです。


走っている選手の背負ってるモノを考えると
老婆心ながら
彼等のことが心配になります。

確かに彼等が頑張っている姿は
とてつもなく美しいのですが、
限界を越えてなお
自らにムチを入れる選手達。

美しさと同時に怖さも感じるのは
ワタクシだけでしょうか?

彼等が壊れてしまわないか、
燃え尽きてしまわないか、
余計なお世話ながら
それらを考えずにはいられませんでした。


今年も
強き王者と
多くの美しい敗者が
感動を与えてくれました。

どうか来年もまた彼等が
雄々しい挑戦者として
戻って来てくれることを願っています。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック