やめちまえ!

先週末からの
怒涛の連続徹夜で
なんだかアタマがクラクラします。


何日も徹夜をすると
アタマがボーッとして
普通では考えられないような
間違いやミスを犯します。

あとで見ると
「なぜに??」とか「なんで?!」
と思うようなことをしばしばしています。

これが早期発見ならすぐ直して
大事には至らないのですが、
他の業者や役所に持っていったあとだと
ホント顔から火が出るほど恥ずかしくなります。

一種の一人恥辱プレイみたいなモンです。

もちろんそういうときは
人のせいにして
知らなかったフリをしますが、
大抵バレてます。

多少Mっ気があるとはいえ
ワザとではありません。


そんな事態にならないように
普段からしっかり仕事をしていれば
よさそうなモノですが、
夏休みの宿題と一緒で
そうは簡単にはいかないんです。

もちろん普段からも
やってはいるんですが
間際になればなったで
やることが次から次へと出てくるもんなんです。


最近の建築業界では
『図面の食い違い』や
『図面の整合性』といった言葉が
ある種キーワードとして
よく出てきます。


通常建物を造るのに当たって
確認申請なるものを
役所に出さなきゃならないんです。

役所はその図面等を見て
違法性がないか、とか
条例に反してないかを確認して
工事にGOサインが出るわけです。

で、以前は結構テキトーなものでも
役所は通ったんです。

あ、テキトーといっても
計画そのものではなく、
アトからちょっとした変更があったり
別の図面どうし多少の食い違いがあっても
大丈夫という意味です。

たくさん図面を描いていると
同じ部分の変更箇所の訂正を
描き直し忘れるコトもあるわけですよ。

ですが、
6月に法律が改正になりまして
そういったことに非常にうるさくなったんです。

これが『図面の食い違い』ってヤツです。


『姉歯事件』の影響なんでしょうね。

でもアレは
やった建築会社は当然ですが
実際は役所の怠慢で
数字の整合性だけ見て
他をまともにチェックしなかったから起きた事件
だと思うんですけどね。

そういう意味では役所の
職務怠慢を民間への規制で
責任転嫁した、
ともいえます。

だって役所のチェックが甘ければ
どんな規制をしたって意味ないんですから。



と、役所への愚痴をグダグダ書いていたら
日本の役人の親玉が辞めました。

あ~あ、と思っていたら
今度はロシアの内閣も総辞職しました。

でも建築業界は元より
ワタクシの徹夜仕事には全く影響ナシ。


本日も眠れない夜が続きます。


ハーラショー!

"やめちまえ!" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント