参議院選挙

そうえば
W杯とツールで
すっかり意識の外でしたが、
今日は参議院選挙です。

選挙焦点は
どうやら『増税』みたいです。

しかも消費税。

消費税は
富める者も
貧しい者も
全員が等しく負担する税制です。

しかしながら
『等しい』の意味がかなりいびつです。

問答無用で
生活必需品や食料品にも
同じ税率がかかってきますから、
結果として貧富の差が更に広がります。


しかしながら、
世の中は「増税止む無し」の空気。

日本国民は
ちょっと甘すぎゃしませんか?

仮に百歩譲って
増税が必要だとしましょう。

しかしながら
国民に負担を要求していながら
この事態を招いた政治家達は
なにも身を切らないというのは
果たしてフェアなんでしょうか?

しかもお金のこ話に限っても
事務所費不正流用やら
不正献金やら
巨額脱税やらと
増税の前にすべきこと
糾すべきことが多すぎます。

日本株式会社が
経営難だというのなら
株主たる国民にカネを要求する前に
経営陣たる政治家の給与カットと
国会議員の定数削減、
そして従業員たる公務員の
人件費カット等のリストラが先でしょう?


「増税論議をしないことは無責任」
というような論調があるようですが、
重要なのは『増税』ではなく
『財政再建』です。

増税はその手段の一つであり、
ハッキリ言って
どんなボンクラでも一番に思い付く
下策中の下策です。


国民は打出の小槌ではありません。


ママに9億円のお小遣を貰っていた党首が
首相を辞めたからと言って
誰が納得するのでしょうか?


国会議員の定数削減と
公務員の人件費カット、
この二つ抜きの増税案には
ワタクシは絶対に反対です。

"参議院選挙" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント